2018年05月13日

「ZERO」記者懇談会



8日2時から行われた記者懇談会のほぼフルバージョン。

記事を時間のある時にちゃんと訳したいけど、一先ず翻訳をコピペ(^-^;

シンウォノ - 拓哉まず浮かんだのクロスジーン「タルランマルラン」で大衆の感性と会おう

「一人でみたら確かにメンバーたちの空席をさらに多く感じることができました。(拓哉)」

グループクロスジーンは、昨年のチームとしての活動ではなく、個人的な活動を通じて、より多くの大衆に会った。アルバムには、ミニアルバム「ミラー(Mirror)」の活動だけであっただけだが、日本人のメンバー拓哉がJTBC芸能<異常会談>をはじめ、JTBC2の<ヤンセチャンのテン>シーズン2など、多くの芸能番組に出演した。また、他のメンバーシンウォノは演技者としてSBSドラマ「青い海の伝説」をはじめ、MBC「20世紀少年少女」などに出演し名前を知らせた。

2012年にデビューして6年の間に活動しているが、まだ大衆に名前を知らせるプロセスは、足踏み状態にとどまっている状況を打開するための努力である。このように、もう少し個人的には、大衆に一歩近づいたクロスジーンは、現在チームとして名前をより刻印させる作業に乗り出した。その信号弾で5枚目のミニアルバム「ゼロ(ZERO)」が使われた。

8日午後、ソウル清潭洞イルジアートホールで開かれた彼らのショーケースでクロスジーンはタイトル曲「タルランマルラン」をはじめ、収録曲「飛翔」の関連映像と舞台を披露した。これらの歌は「タルランマルラン」の場合、既存のイメージにセクシーさを加えたし、「飛翔」は清涼感を加えた。全体的には、ますます暑くなる季節や合わせ、昨年の夏大きな人気を呼んだジャンルである「トロピカルハウス」ジャンルの曲が目立つ。

アルバムのタイトル<ゼロ>のシンウォノは「今までしてきたものをすべて、最初に戻すという意味ではなく、心を初心を見つけ更新して、新たに生まれた気持ちで熱心にしようという意味を込めている」とし「アルバムの構成も破壊され、再生されて新しい世界を探しに出るなりの叙事を込めた」と説明した。

最初のトラック「ディストピア(Dystopia)」が破壊さを象徴して、3回目のトラック「飛翔」が再生を象徴する。そして恋人との関係で届くロックマーラックするきわどい状況を想定した「タルランマルラン」が新しい世界に向けてクロスジーンの心を込めている。

メンバーたちはぐんぐん増えた個人活動がチームの活動に及ぼす影響について話した。拓哉は「個人的な活動をしながらメンバーたちの空席をたくさん感じたようだ。チームにいれば、私の足りない部分をメンバーが満たしてくれるが、その部分をよく知らなかったようだ」と悟りを発表した。主に演技者として活動したシンウォノは「メンバーたちは誰よりもお互いに客観的な評価をしてくれる。不足している点も話してくれても演技では相手役もしてくれる」と語った。

クロスジーンは、これまでの活動期間に比べて比較的大衆に接点が少なかった点を補うために、社会関係網サービス(SNS)活動や自主制作のミュージックビデオなどのコンテンツの面で努力を開始した。また、個人の活動もより広げる計画だ。個人の人気がチームの人気原動力になることができるか、クロスジーンの新しいアルバム<ゼロ>は8日午後6時から、様々な音源サイトで聞くことができる。


スポーツ京郷

Kstyleさんからフォト

今回はSNS活動に努力と言ったらしい?からか、ツイにインスタにUP率が高いですよね。
過去が少なかったから、今これくらいやるのが普通だと感じるのは私だけでしょうか・・・?
もう少しやる気があるなら、インスタをツイッターと連携させてほしいですけど!!

もっともっとSNS使って、広報に励んでください。




posted by aomame at 00:48| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。