2015年06月03日

激しくおススメしたい華ドラマ「お昼12時のシンデレラ」

杉杉来了01.jpg

昨年の華ドラ「蘭陵王」の激ハマりからほぼ1年後、
それをも、はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜るかに上回る超×100倍の激ハマり進行形ドラマ「お昼12時のシンデレラ
今日6月3日にDVD発売&レンタルが開始されるたので、ご紹介したいと思いま〜す

まずは紹介記事を抜粋
台湾ドラマで“平凡なヒロイン”のサクセスフルなラブストーリーで女性視聴者から絶大な支持と共感を集めた最強ヒットメーカーの最新作は、ツンデレ御曹司と平凡女子の萌えキュン♡ラブコメディ「お昼12時のシンデレラ」

主演は中国圏のポータルサイトBaidu.com の「男性芸能人ランキング」で堂々1位に輝いた、最注目若手スターのチャン・ハン!「シンデレラの法則」で演じた癒し系男子から一変、やり手ツンデレ御曹司を好演しクールでカッコイイ魅力を最大限に発揮!オープニング曲も熱唱し多くの女性のハートを鷲掴みに!
ヒロインには、大ヒットドラマ「後宮の涙」のチャオ・リーイン。出演作すべてが高視聴率を記録し、本作でもその実力を証明した彼女。原作のイメージを裏切ることなく高い支持を獲得し、“史上最も萌カワイイ女優”と称されました。さらに、彼女の太い眉も人気を呼び、太眉ブーム到来?

100 以上のチャンネルがある中国で、競合作を抑え視聴率No.1 をキープ、ドラマ放送終了直後、動画サイトでは最終回の再生回数が14 億回に達するなど驚異的な記録を打ち出しました。さらに、大手ポータルサイトの検索ワードにおいても上位を独占し、ドラマ評論家や視聴者、原作ファンから高評価を獲得。海外放送権もシンガポール、マレーシア、タイなどに販売され「お昼12時のシンデレラ」ブームがアジア各国に拡大中です。高級ブランドの衣装やセレブ御用達のマンションでの撮影など、今までのドラマにないスケールやクオリティも話題になっています。

【STORY】
優しい夫婦のもとに生まれたシャンシャンは、風騰グループの就職試験に受かり、上海にやってくる。入社間もないある日、会社の人から呼び出されて病院に行くと、風騰グループのCEOのフォン・トンが待ち受けていた。なんとフォン・トンの妹のフォン・ユエが子供を産む際に輸血が必要になり、AB型RHマイナスという稀な血液型だったために、同じ血液型だったシャンシャンが呼び出されたのだった。
その後、ユエの“命の恩人”となったシャンシャンのもとになぜか毎日、お弁当が届けられるようになった。何があってもめげずに頑張り、いつも美味しそうに弁当を頬張るシャンシャンを見て、フォン・トンの心は次第に惹かれていく。しかし、シャンシャンはフォン・トンの親友ジョン・チーに淡い憧れと恋心を抱いている。
さらにフォン・トンの傍にも幼馴染みのリーシューが現れる。果たしてフォン・トンとシャンシャンの恋のゆくえは。

〜アジアンパラダイスより〜



本国中国では、もの凄い旋風を巻き起こし、その後カナダ、そして日本に続いて台湾で現在放送中です。

ハマったキッカケは、「蘭陵王」の放送終了後に始まった「後宮の涙」(中国史劇)をそのまま視聴し、結構面白かったんです。
内容は韓ドラで言うとチャングムとトンイを足したようなお話で「あの主人公を演じていたカワイイ子だ〜」とCMを見て知り、
2話の再放送を見て「ツンデレ社長が普通の子に惚れていく展開・・・面白いかも!」と私のツンデレ好きが再来グッド(上向き矢印)

ツンデレ社長も良いけど、1番の理由は主人公シャンシャンを演じるチャオ・リーインの可愛さ
まるい輪郭、まんまるお目目、キレイなまるみのオデコ、まるいお団子ヘア
色んなまるみが、かわいいカワイイかわいぃ〜〜〜〜〜〜〜いんですよ、モォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
演技もピカイチ、モリモリ食べるし、しぐさがカワイイし、発する言葉が可笑しかったりと、魅力的にキャラクターを作り上げているんです。

週1回の放送だから5話か6話で、もう先が気になって気になって我慢できなくなり、Youtubeで一気見(シャンシャンが出てる所だけ)
中国語なんて全く判らないけど、笑えて胸が熱くなって泣けて、そしてとにかくラブラブなシャントンカップルの虜ハートたち(複数ハート)

今まで見てきた韓ドラとは大きく違い、御曹司の両親が亡くなっていない設定なので、家族の激しい反対もなく、
またブチ切れてモノを投げたり壊したりもなく、意地悪をする女が居て、現実にも「こういう女子いるよね!」と
思える存在だし、日本人的には過剰演出のない穏やかに楽しめて胸キュンするドラマだと思いますexclamation×2

私としてはこんな尋常じゃないハマり方は初めてで、毎日どこかの回を録画版やスマホに落とした中国語字幕を見たり、
ファンが作ったMV見たり、見ないと1日が終われないんです(笑)

私を虜にして離さない魅力的なキャストを、私の主観でご紹介しま〜す。

シャンシャン.jpgシュエ・シャンシャン(チャオ・リーイン)
風騰(フォントン)グループ 財務部アシスタントの新入社員
天真爛漫で妄想好き・・・と言うよりも思想深い、交際歴ゼロの23歳
特技は食べること、寝ること、ぼんやりすること、好きな人を思うこと
貴重な血液RHマイナスAB型の持ち主。社長の妹に献血をしたことで、社長のフォン・トンにビビりつつも気になっていく。






フォントン.jpgフォン・トン(チャン・ハン)
風騰(フォントン)グループCEO
幼い頃に両親を亡くし祖父に育てられ、祖父の死後28歳の若さで風騰グループの社長に就任、仕事に対しては敏腕冷徹、恋愛に対しては自分からは言わずに女性から言わせようとする、ちょっとややこしい31歳のツンデレ御曹司
シャンシャンのことが気になりだし、からかいながら一緒にいる時間を楽しむ








ジョンチー.jpgジョン・チー(ホアン・ミン)
風騰(フォントン)グループ製品開発部部長
フョン・トンと大学時代からの親友で、シャンシャンが憧れる男性
女性への対応が優しく社内一のモテ男。女子社員から「ジョン様」と呼ばれている。
相手の心を読むのが得意(だから女性ウケする?)その為相手の気持ちをくみ過ぎて本心を言えない一面も・・・。







リーシュー.jpgユエン・リーシュー(リー・チョンユアン)
ブックカフェのオーナーで文化人
母がフォン家の使用人だった為、フョン・トン、フョン・ユエとは幼なじみ。
プライドが高く負けず嫌い。ずっとフォン・トンに片思い中で、アメリカの大学まで追っかけて行く。フォン・トンが思いを寄せるシャンシャンに優しくしつつも、フォン・トンの事は何でも知っているアピールをチラつかせ、ややシャンシャンを悩ませる存在。








フォンユエ.jpgフォン・ユエ(チャンヤン・グオアル)
フォン・トンの妹、旦那様はフョントングループ投資部部長イェン・チン
幼なじみのリーシューのブックカフェの共同オーナー。
シャンシャンと同じ血液RHマイナスAB型を持ち、輸血してくれたシャンシャンにお金ではなく心のこもった何かを・・・と思いお弁当(造血弁当)を作らせる。兄の無骨さと大きく違い、華やかで気の利くお嬢様。








イエン・チン.jpgイェン・チン(バイ・カーリー)
風騰(フォントン)グループの投資部部長、フォン・トンの妹フォン・ユエの旦那様
一般家庭で育ち、御曹司と付き合うシャンシャンが抱える悩みを理解しフォローしてくれる











今日発売日なんだけど、注文が遅かったせいか明日やっと手元に来ます
見てない1話は、字幕付き(ちょっと訳がイマイチだけど、なんとなく判る)で見れるサイトがあるので気になった人はGOGOGO車(セダン)
5話位?まで字幕付いてます。2話の後半から動き出しますよぉ〜ん
TV VIKI杉杉来了BOSS & ME
posted by aomame at 22:10| Comment(0) | お昼12時のシンデレラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: