2015年06月07日

お昼12時のシンデレラ1話レビュー

ハマり過ぎている「お昼12時のシンデレラ」
視聴感想レビューをこれから書いていきたいと思います。
色付きが私の感想・ツッコミ・諸々です^^;

〜第1話〜
仕事で疲れて眠っているシャンシャンのところに電話・・・。
家の前に迎えの車が来てると言われ、言われるがまま寝ぼけた状態で病院へ。
知らない男性に名前と血液型を聞かれ、妹の出産で輸血が必要になったら献血してくれるかと聞かれる。
杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_213926.7351.jpg
シャンシャンは「何で私の連絡先を?あなたは誰?」と問いただすと
また知らない男性に「君は風騰グループの社員だろ?知らないなら紹介しよう、フォントン社長だ」
言われて気が付き、大慌てするシャンシャン!

献血のおかげで無事に出産。
挨拶をしにイェン・チン部長の所へ行き、事故等が起こった時の為に母が作ってくれたネームプレート入れをプレゼントする。
妹ユエを見舞ったフォン・トンが病室から出て来て、シャンシャンに感謝をするものの「まだ何か?」と冷たくあしらう
助けてあげたのに、その言い方って^^;
杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_214233.1091.jpg
そんな事を言われ、いそいそと帰ろうとするシャンシャン、ところが行きはタクシーが待っていたのに、帰りはなし・・・。
「献血前は至れりつくせりだったのに・・・。お店の店員と同じ!買う前はチヤホヤして、買った途端に素っ気なくなる」とボヤいている後ろでフォン・トンが聞いていた(これを聞いてタクシー呼んだのかなぁ〜www

杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_214246.717.jpg
家に着いたシャンシャン、初めて社長を目の前にして
「あの人がボス?ハンサムで金持ちで背も高い。社長って老人かと思ってたのに・・・。でも無愛想で威圧的な感じだし取っつきにくそう・・・、もう二度と会わないだろうけど」と思う

風騰グループは国内最大のIT企業。
大半が外資で社員の4割は留学経験者、三流大卒のシャンシャンは人事が間違って採用したのかも〜と妄想
杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_214603.4351.jpg
アシスタントからのスタートでもいつかはエリートに・・・と夢を持っても、現実は地面の上にも立っていない地下4階に居るような感じ・・・、目の前の仕事を熟すのに精一杯な日々バッド(下向き矢印)眠い(睡眠)

杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_214719.123.jpg

シャンシャンにお礼をしたいと思っているフォン・ユエ、旦那から素直で親切な子だと聞く
杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_215006.6821.jpg
フォン・トンに何がイイか聞くと、いつも通り「小切手」と言うと、ユエは激しく否定する

フォン・トンはあるゲーム会社を買収すると言い出し、各部署は大慌て準備に取り掛かる
シャンシャンは出来上がった契約書をイェン部長へ届けに行くエレベーターで、憧れの男性開発部部長のジョン・チーに出くわす
杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_215741.878.jpg
ジョン・チーもイェン部長の所に行くから持って行くと言い、書類を渡す。
その代りに女子社員からもらったサンドイッチを自分の机に届けてと頼まれ、一緒に乗っていた女子社員達に睨まれる

ところが、ジョン・チーに渡した契約書の評定額に0が1つ多いことが発覚?!ジョン・チーと仲が良さそうなシャンシャンに電話を掛けさせ、契約を中断してもらうように脅しながら頼み込む上司達(なんであんた達が電話しないで、シャンシャンがしなきゃいけないのぉ〜???責任逃れだよ〜
杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_215856.9491.jpg
もう契約会議は始まっているので連絡はつかず・・・、発覚したら責任を取らされるとビビる上司達
シャンシャンに「ジョン部長へ直接持って行け」と命令。

杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_220006.445.jpg
開発部・投資部とあちこちたらい回しにされ、その都度セキュリティカードも渡され走り回るシャンシャン
自分は“棚ぼた”の運だったんだと嘆く。。。
(このシーン、シャンシャンのダメさ加減を表現する為のたらい回しは判るけど、セキュリティカードをそれぞれから借りなきゃ入れない会議室ってどぉーなの〜と。再びフォン・トンと再会する意味のあるシーンなんだろうけど、ちょっと意味ワカラナイッス!)

やっと契約が行われた会議室に到着、そこに居たのは社長のフォン・トンだけ!
杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_220147.301.jpg
フォン家の恩人から会社の敵に回ってしまったとビビるシャンシャンは、半泣きで自分のミスでもないのに頭を下げっぱなしでフォン・トンに謝罪を連呼

杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_220149.788.jpg
「会社にまだ損害を与えていない」と言いフォン・トンは会議室を出て行く。「クビになる、おしまいだ〜」と腰を抜かしてヘタレこみ泣き出すシャンシャンに、会議室に戻って来たジョン・チーが「大丈夫、金額は間違ってない、フォン・トンが気付いて直した」と話す。

財務部・投資部・総務部の上司と秘書が社長に呼ばれる。戻って来た課長はフォン・トンから言われた事をそのままシャンシャンぶつけ、あちこち奔走する必要があったのかと怒鳴る(えぇ〜シャンシャンは各部署の人に言われるがまま従っただけなのに・・・可哀想。まだ知らない事が多いし試用期間中だから大目に見てよ〜。ってあなた達がちゃんと確認しないのが悪いんだけどむかっ(怒り)八つ当たりしないでよ〜とシャンシャンをかばいたい猫
「こんな子を押し付けてきた人事部にあきれる」とかなりお怒りの課長
杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_220521.3231.jpg
休憩スペースでは、財務部の先輩2人がシャンシャンをコネ入社だ、彼女みたいな学歴がなぜ入れたのかなど、女子トーク中に来てしまったシャンシャン。同期のアージアも聞いてしまい居ずらい雰囲気に。そこへ同じく同期入社のドゥ・ファンが来て、先輩2人はシャンシャンに聞かれていた事に気づき、何もなかったかのようにその場から逃げる。

杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_220642.1471.jpg
アージアとドゥ・ファンが親しげに見えるシャンシャン。「知り合いなの?」と聞くと3日間の新人研修期間があり、そこで一緒だったと言う。自分がその研修に呼ばれていないことを知る
杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_220812.4101.jpg
課長の“人事部にはあきれる”先輩2人の“コネ入社だ”そして“新人研修に呼ばれていない”ことから、自分はパンダのように特殊な血液RHマイナスAB型だから入社出来た?血液要員なのでは?と勘ぐり始め、会社に飼われているみたいだと悲しい気持ちになる

そんなことを考えながらたどり着いた所は会社のバルコニー、窓の内側を覗いてみたりするシャンシャン
自分の大きな勘違いだった、頑張る必要もない、自分の役目は献血だけだと悲観的になっていると雪が降り始める。
杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_220941.305.jpg
その窓の内側は社長室、イェン部長がフォン・トンに今日の契約書事件?を説明中。各上司は責任逃れをしたのではなく・・・と言葉に詰まるとフォン・トンは「身代わり(シャンシャン)を寄こした?卑怯なやり方だ」と非難し、バルコニーで雪の降る中、薄着でいるシャンシャンを見ていた。

杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_221007.9391.jpg
上海に来てから初めて見る雪に喜ぶシャンシャン、そんなシャンシャンに自分のコートを掛けてあげるフォン・トン社長
ビックリするシャンシャン、でもいつもの妄想が湧きだしドラマのヒロインになったようだと笑顔になってしまう

杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_221108.8241.jpg
そんな妄想を打ち消すようにフォン・トンは「ここに来るな、社長のオフィスだし研修で言われただろ!」と言う
研修を受けていないと言うシャンシャンに「なぜだ?」と聞き返すフォン・トン、
『私にも判りません、なぜ研修も受けていないのに入社できたんですか?』と逆に質問するシャンシャン
「自分の上司に聞け」と言うと『じゃあ、なぜ社員の血液型を知っていたんですか?」とまた質問!
「社長は知る権利がある、他に質問は?」とフォン・トンに言われ首を振り、コートを返してオフィスに戻って行く

杉杉來了 Boss&Me Episode 01.mp4_20150606_221354.528.jpg
フォン・トンはジョン・チーにシャンシャンが財務部で何をやり能力はどうなのかと聞くが、アシスタントをしてる事しか知らないと言う
献血だけしてくれれば良いと言うフォン・トンの言葉にジョン・チーは「亡くなった会長が決めた暗黙のルール、公然の秘密だ!」と言い「今更ルールを変える必要はない、黙認しておけばいい」と言い、フォン・トンは2度とこの話はしないと言う。


2話からの視聴だったので、念願のちゃんとした訳での1話が見れて、そしてバルコニーは立ち入り禁止!と
フォン・トン直々に言っていたなんて意外でした。
2話では無視してシャンシャンは立ち入ちゃうし、でもそれがないとこの先の展開につながらない重要なバルコニー

フォン・トンのオッカナイ仏頂面、1話はなんだか際っているような・・・^^;
でもそんなお顔でも、責任逃れの生贄となったシャンシャンを可哀想に思ってかコートを掛けてあげるシーン。
いちを情けはあるという一面を表してますよね。
今後フォン・トンの判りずらい優しい一面も見どころなんです

次は時間のある時に2話レビューしま〜す
posted by aomame at 19:25| Comment(5) | お昼12時のシンデレラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてm(__)m
同じく「お昼12時のシンデレラ」に激ハマリしているボーと申します。
まだ、日本語字幕が10話までなので、その他の話は英語字幕を辞書を片手に制覇しました←おバカ
何回リピしてるか分かりません。
見るたびに、シャンシャンか〜わ〜い〜い〜を連発してます。
韓国ドラマに始まり、今は台湾、中国ドラマに手を出し、毎日時間ができると何かしらドラマを見てます。
このドラマは、見れば見るほど癖になる?感じですね!
俳優さん、みんな演技がお上手で〜
チャンハンは「シンデレラの法則」で初めて知ったのですが、あのドラマでは凄く優しいひとだったので印象が全然違いました。
チャオリーインちゃんも「後宮の涙」時とは声から顔から別人のよう…
あ…語りだすと止まらなくなります。
7月の11話からのレンタルが待ち遠しいですね!
Posted by ボー at 2015年06月12日 11:47
ボーさん

初めまして、こんにちは^^
コメント入れて頂いたのに、今頃気が付きました。
申し訳ありませんm(_ _)m

私と同じような方がいらっしゃって、激しく嬉しいですよぉ〜!!!!!!!!!
私もシャンシャンが可愛く可愛くて仕方なく
最低どこかの回を1日1回は見て、見れそうにない時は、
ファンが作った良いトコ取りMVを見て、にやにやしてます(笑)

「シンデレラの法則」は見られたんですね〜
私はまだ未視聴で、最終回のレポをいくつか読ませてもらったら
なんだかはっきりしない?終わりのようで、見なくてもイイか〜で見ていないんです。
フォン・トンとは真逆の役なんですね。

シャンシャン熱が冷めたら(いつだ?)見てみようと思います^^

感想レビュー、時間のある時になので、まだ2話の手が付けられていないんですが
良かったら今後も遊びに来て下さい。
ヨロシクお願いしま〜す(^O^)/
Posted by aomame at 2015年06月21日 17:35
こんばんは、はじめまして。

私も「お昼12時のシンデレラ」にどっぷりハマってしまいました。
レンタルしてきて、一気に33話を見てしまいました。
お婆ちゃんなので、徹夜はこたえましたが、
シャンシャンが可愛く、フォン・トンがカッコいい。
ツボですよね。
「シンデレラの法則」も見ましたが、断然「お昼のシンデレラ」のほうが私は好きです。
今度「後宮の涙」を見ようと思っています。

aomameさんのレビューは絵付なので「ガイドブック」を読んでいるように思いだせて、楽しいです。
33話と長いですがレビュー頑張ってくださいね。
楽しみに待っています。
Posted by こてまり at 2015年08月18日 21:53
こてまり様

初めまして!!
そして今頃のお返事、大変申し訳ございませんm(_ _)m
言い訳になりますが、コメントが入ったらメールでお知らせにチェック漏れしましたT-T
折角コメントを頂いたのに、本当に申し訳ありません。。。

レビューご覧頂き、ありがとうございます。
シャンシャン大寄りな内容ですみません(笑)

レンタルで一気見されたんですね。
見たくなるお気持ち、とぉ〜っても判ります。
私もまた再視聴し始めまして、笑って泣いて、見てるのにまだまだ新鮮に見れます^^

レビュー頑張りたいんですが・・・、やる気なし子が顔を出してまして^^;
超気長に待って頂ければ、またのんびり始めたいと思います。
Posted by aomame at 2015年10月27日 21:23
aomameさん、こんにちは。

お返事有難うございます。

33話と長いですもんね。やる気を出すのは大変な事です。

超気長(笑)に待っていますので、お気になさらず待たせてください。

有難うございました。
Posted by こてまり at 2015年11月02日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: