2019年09月16日

「取材レポ」CROSS GENE、約1年ぶり単独公演で会場が一つに!

EEKBg6qWsAAV_K7.jpg

ファンからのサプライズ演出でメンバー大号泣「これからもそばにいて支えてください」

今年日本デビュー6周年となるCROSS GENEが9月8日(日)、ヒューリックホール東京にて、約1年ぶりとなる単独公演「CROSS GENE JAPAN LIVE #ONE」を開催。ドラマや舞台などそれぞれがソロ活動を経て、さらに成長したメンバーたちが集結し、一丸となって最高のパフォーマンスを届けた。前日に続き、2日目最終公演となったこの日は、扇子を使ったパフォーマンスの「YING YANG」で幕開け。大歓声で迎えられた4人はダンサーも加えた華やかなパフォーマンスで、妖艶な魅力を存分に漂わせ、ファンを魅了した。

オープニングトークは、「We are CROSS GENE from Asia」と元気いっぱいの団体あいさつに続き、今回も近況を交えながら、個性的な自己紹介から。「CROSS GENEの中で一番セクシーな僕の名前は何ですか?」と呼び掛け、客席から「セヨン〜!」と大きな声が上がると、「気持ちいい〜」とうれしそうなセヨン。最近、2カ月ほどピラティスをやっていて、体のバランスが良くなったそうで、メンバーたちから「今日はセヨンさんの体にも注目してください!」と見どころに挙げられた。

次のサンミンも「CROSS GENEの中で一番ステキなパフォーマンスをする僕の名前は何ですか?」、「サンミン〜!」というやり取りに、「ありがとう」と照れくさそうにしながらも、うれしそう。7月の日本での舞台「続・雷神とリーマン」に続き、9月10日からは韓国で舞台「ジャマイカジム」に出演するため、稽古を頑張っているという近況を明かした。

そして、「色が白くて、肌がキレイな、そして体が全部白い僕の名前は?」、「そして、昨日コンサートでまた2キロ痩せて、2カ月でトータル12キロ痩せた僕の名前は?」、「一足、二足、三足、僕の名前は?」とほしがるヨンソク(笑)。同じく、韓国で5年ぶりの舞台「私の家に何故来たの?」を準備中で、9月11日からサンミン出演舞台のすぐ隣の劇場で上演するというプチ情報も知らせ、メンバーたちから「可愛いな〜」と見守られる末っ子の魅力を発揮。

最後は「CROSS GENEの中で一番ご飯をたくさん食べる人は誰?」、「どんなおかずでも、おいしく食べられる僕は誰?」とトリッキーな呼び掛けで、「シン君〜」とファンからコールされたリーダーのシン。ヨンソクの「一足、二足、三足、ヨンソク」のインパクトが強すぎて、とっさに考えたのがご飯ネタだったのだとか。そして、「皆さんと最高の思い出を今日この場所で作りたいです!」と言うと、今回のライブタイトル“ONE”が示すように、「皆さんと一つになって楽しい時間を過ごしたいと思います。よろしくお願いします!」と開幕宣言をし、ヨンソクの「アゲアゲ〜!」コールで本格的なライブがスタート!

「次はアゲアゲなコーナーです」と紹介し、目隠し用の布をパフォーマンスに取り入れた「Touch it」、セクシーさあふれる「Amazing-Bad Lady-」などで、洗練された男性美を見せ付け、ファンの目をくぎ付けに。かと思えば、ポップなダンスチューン「Future」、爽やかなパンクサウンドで、“ピポピポ”のフレーズが耳に残る「Believe me」などで、ハツラツとしたキュートな姿を全面に出し、ノリノリのステージを展開した。

ここ数年はソロ活動で、日本の舞台出演も増え、日本語がますます上手くなってきているメンバーたち。日本活動の思い出を振り返り、次なる夢について、「このメンバーとファンの皆さんと東京ドームに行くこと」と力強く語ったシン。「段階というのがあるから、Zeppからでも。日本武道館もあるじゃないですか」と慎重なサンミン、ヨンソクをよそに「CROSS GENE専用劇場を作りたい」とさらなる大きな野望も打ち明け「誰でも来て楽しめる音楽のパラダイス。どうですか?その夢に向かって頑張りましょう!」と高らかに声を上げ、メンバー全員意気投合した。

そして“奇跡”をテーマにメンバーが作詞した「MIRACLE」美しいメロディと別れの悲しみを込めた歌詞が絶妙に絡み合う「Dystopia」といったバラードナンバーで、じっくり歌声を聴かせたメンバーたちは「2019 CROSS GENE リレー音源配信プロジェクト」でお披露目した曲を引っさげ、ソロステージへ。

トップバッターのラッパー、サンミンは自作曲「24hrs」で、持ち前の重厚な低音ラップで魅力を発揮。続く、メインボーカルのヨンソクは、アーバンR&Bサウンドをベースにしたダンスポップジャンルの「Karma」を披露。別れの痛みを綴った歌詞を深みのある切ない声で歌い上げ、ラップでフィーチャリング参加したサンミンと息のあったステージを見せた。

シンは、恋人との過ぎ去った時間を恋しがるストーリーを綴った「TIME」を目力たっぷりな表現力で歌唱。もう一人のメインボーカル、セヨンは「Winter Rain」で伸びやかな歌声を響かせ、音域の広い抜群の歌唱力で曲の世界観を表現した。ライブ後半では、新曲「Corvus(カラス)」を初披露!白を基調とした衣装のメンバーたちと、黒の衣装で大きなカラスの羽を持ったダンサーたちのコントラストが映え、中でもサングラスをかけ、悪魔の角のようなヘアアレンジをしたシンの姿が目を引いた。パフォーマンスも羽を上手く利用したパフォーマンスで、ミュージカルのワンシーンを見ているような幻想的な演出で魅せた。さらに、その雰囲気を生かしつつ、善と悪を表現した「Black or White」へと続き、そのカッコよさにファンも大興奮となった。

新曲「Corvus(カラス)」について、シンは「羽が傷ついても、汚れても、どれだけ痛くても、それでも生きていかなくてはいけない気持ちを表現した曲です。僕たちも今までいろんなことを乗り越えてきたじゃないですか。それでも前に進むCROSS GENEの気持ちを表現した曲です」と説明。また、サングラス&悪魔ヘアにしたのは、「Corvus(カラス)」と「Black or White」が同じ世界観でつながっている物語として構成したので、今回はいつもの天使ではなく、悪魔を表現するためだったと明かした。

そして、シンは「傷ついても前に進むCROSS GENEのそばには、皆さんがいるから、僕たちはこれからも前に進めるんだなって気持ちになり、もっと感動しながら歌えました。だから、僕たちをここにいさせてくれた皆さんに、本当に心から感謝します」と伝え、メンバー全員で「ありがとうございます!」とファンに感謝した。そんな感謝の気持ちを込め、4人は「そばにいて」を歌唱。ここからが、メンバーたちには知らされていなかったファンによるサプライズイベントが進行され、この日のハイライトであり、感動の時間の始まりとなった。

スクリーンにメンバーたちのデビュー当時の映像などが映し出された後、各国から寄せられたファンからの文字メッセージ、音声メッセージが次々と流れた。ファンの温かい、愛にあふれた言葉の数々が胸を打つ。そして、映像が終わると、客席では「私たちはいつもここにいるよ」と韓国語で書かれたプラカードを掲げるファンの姿が…。

床に座っていたメンバーたちは感極まり、4人とも涙が止まらない。クシャクシャになった顔をなかなか上げられず、時間が止まったように、ただ静まり返った会場にはファンのすすり泣く声だけが響いていた。そのうち、客席からメンバーの名前を呼ぶ声や「笑って」「ファイティン!」「サランヘ」など応援する声が上がり、やっとのことで立ち上がったシンは涙ながらに「何でもなかった僕たちに、CROSS GENEという名前を付けてくれて、この場所にいさせてくれて、本当にありがとうございます」と声を震わせ「それでは聞いてください。『手紙』」と曲フリをした。

「歌えるの?」と誰もが思う状況だったが、歌い出しのパートを担当するセヨンが、しっかり気持ちを切り替え、歌い始めると他のメンバーたちも後に続き、ファンに想いを届けるように歌い上げた。歌い終わって、ホッとしたのか、やっと笑顔を見せたメンバーたち。このステージに上がる直前、4人でファンから寄せられたメッセージを読みながら、1時間ぐらい思い出を語り合っていたという。

シンは「だから、今日も皆さんにできるだけ、最高のステージを届けたいなって思って、みんなで頑張ろうって気持ちで。でも、また皆さんにプレゼントをもらって……。本当にありがとうございます」と改めて感謝の気持ちを伝え、最後は「楽しく遊ぼう!」とヨンソクが「スーパーアゲアゲ〜!」と叫びながら、会場のテンションをUP! メンバーたちはキレキレのダンスで「sHi-tai!」「CRAZY」「ナハゴノルジャ」などを全力でパフォーマンスし、会場の熱気は最高潮に達した。

最後のあいさつでは、来年以降メンバーの入隊が順次控えているため、メンバーたちが今回のコンサートで伝えたかったこと、ファンへの想いが率直に語られた。ヨンソクは「メンバーも僕も成長して、もっともっと大人になって、また皆さんに会いに来たいと思います。それまで、皆さんは僕たちを待ちながら、仕事を頑張って、少し休んで、元気でいてくださいね」と伝え、「(サプライズ)プレゼントありがとうございました。またプレゼントください(笑)。本当にありがとうございました!」と言うと、「“ありがとうございました”しか言葉が出ないね。マジでありがとう。ありがとう! 大好き! 愛してる!」と思いのたけを叫んだ。

サンミンはパフォーマンス担当なので、今回の単独コンサートは不安が多かったと正直に語った。パフォーマンスにおいて、1人抜けた穴を観客に感じさせないように見せるには、どうしたらいいかをすごく考えたそうで、「今年のライブは100%じゃなく、200%、300%の力でやりたい気持ちで、皆さんに負けないように舞台を見せたいと思ったんですけど、どうでしたか?僕はパフォーマンスをするときには、自分のエネルギーを皆さんにあげる気持ちでしっかりやるということを一番大事にしているから、それがちょっとでも伝わっていたらうれしいです。まだまだ僕たちは会えますよね?だから、それまでずっとそばにいてください。皆さんがいるから、僕たちもいます。本当にありがとうございました」と語った。

セヨンは「心から本当にありがとうございます」と言うと、また気持ちが込み上げてきたように「今日の時間は本当に大きいです。生きている理由はこのためじゃないかなと思うぐらいです。今日のタイトルのように、一つになって、同じ気持ちでずっといきましょう!皆さんと会えるこの時間が最高です。皆さんにもCROSS GENEを見て、そう思ってもらえるように、僕たちももっともっと頑張ります。だから、ずっと応援してください」と涙をこらえて話し切った。

CROSS GENEの泣き虫担当シンは、「僕も感謝の気持ちをお伝えしたいです。本当にありがとうございます」と言うと、実は韓国ドラマ「ヒップホップ王」の撮影が終わった後、突然顔面麻痺になり、入院していたことを明かした。「メンバーにも言えず、病院にいるとき、ずっと明日が来るのが怖くて、戻らなかったらどうしようとか思っていたんですけど、その瞬間に思い出すのはメンバーと皆さんでした」と話し「絶対早く治して、ライブで皆さんをこんなに愛してるよって気持ちをみんなで、全力で伝えたかったです。僕個人的にはこの2日間、大切な時間を得た気分だし、本当に最高のライブで、皆さんにプレゼントをもらいました。本当にありがとうございます。だから、いつまでも、皆さんがいれば、明日は怖くないし、僕たちの心臓は皆さんです。CROSS GENEは皆さんがいないと存在しなかったと思います。これからも、CROSS GENEを支えてください。ありがとうございました」と目頭を熱くした。

また感動のるつぼと化した会場。最後の曲にいくため、メンバーたちは「またヨンソクの力を借りよう」とヨンソクの「アゲアゲ〜!」コールでテンションを上げ、タオルを準備し、「Love & Peace」で本編を終えた。

アンコールでは、客席後方から登場し、通路を歩きながら、ファンとハイタッチをするなど、直接触れ合うファンサービスで、ファンを喜ばせたメンバーたち。日本デビュー曲「Shooting Star」と韓国デビュー曲「La-Di Da-Di」を披露したが、シンが「デビュー曲がアンコール曲になるってすごい」と感慨深そうにしていたのが印象的だった。また、今回の単独ライブに携わったスタッフ・関係者などに感謝の気持ちを伝えた後、ファン想いのシンらしく、「僕たちのライブで最高の笑顔を見せてくれたファンの皆さんに、CROSS GENEから拍手を送りたいと思います。CROSS GENE拍手!」と号令をかけ、客席に向かって4人だけで拍手をするという光景に、ファンも「ありがとう!」と胸いっぱいの様子だった。

各国のファンが夢中になるCROSS GENの魅力が存分に発揮され、温かい感動に包まれた今回の単独ライブ。いつまでも忘れられない思い出として、この日、この場所にいた人たちの胸に刻まれるだろう。

【CROSS GENE JAPAN LIVE #ONE】 2019.9.8 ヒューリックホール東京 -セットリスト-
01. YING YANG
02. Touch it
03. オリョドナムジャヤ
04. Amazing-Bad Lady-
05. Watch out
06. Future
07. Believe me
08. FLY
09. MIRACLE
10. Dystopia
11. 24hrs ※サンミン
12. Karma ※ヨンソク&サンミン
13. TIME ※シン
14. Winter Rain ※セヨン
15. Corvus(カラス)
16. Black or White
17. そばにいて
18. 手紙
19. sHi-tai!
20. CRAZY
21. ヌナ ノ マリャ
22. ナハゴノルジャ
23. Love & Peace
<ENCORE>
24. Shooting Star
25. La-Di Da-Di


📝 Korepo

korepoさん、い〜〜〜〜〜っつも詳細なレポート感謝でございます。
思い起こして、涙が出ました(T_T)

今回、初日が3・4列目くらい、最終日が17・18目くらいと、席の振り幅が大きかった(^-^;
いつも比較的10列より前と良いお席が来ていたのに、最終日頼まれて取った席でも22・23列目くらいと、まぁ〜悪い。ツイでも長くファンでいる方々の中に席の悪さを嘆くツイも見かけ、古参のファンは比較的後ろに追いやられたのかな~なんて思えました。そんな考えをやや裏付けられた?ような、初日の良席の周りを見渡すと、ちびっこ連れのお客さんが何組もいてビックリ。ライブが始まるとキャ〜もほとんどなければメンバーを呼ぶ声もなく、掛け声は全て後ろから聞こえる状態・・・(?^ω^) 手紙が始まったらプラカードを上げるのも私の周りでは私が最初に上げたんじゃない?と勘違いしそうな位周りの動きが鈍いし、オーラスの曲の前振りで何を歌うか私のような古参は気が付いたけど、周りはそんな事にも気が付かない感じに見受けられました。まあ古参ファンが前の方に居なかったわけじゃないけど、メンバーも前方の反応に、ちょっとためらい?困惑?そんなものを感じた前半?もしかしたら後半まであったのでは??と思いました。

新しい又は中堅のファンをなるべく前方に〜と!もししたのなら、なんでしばらく日本ライブがないタイミングでするかな〜と。もっと早い段階でやれば良かったのにと。。。完全に均等に混ぜれば、より一体感や声を出したくても周りがしないからと大人しくしてしまった人もいたのではと・・・。相変わらず疑問を投げかける安定さのある事務所だな〜とつくづく思いますwww

最終日に実現した各マスターさん達によるサプライス動画。
俳優さんの方でファンが作った感動させる動画をいくつも見たことがありますが、こういうモノを作らせたら韓国ファンが一番うまい👍👍👍参加の呼びかけをしてもらいましたが参加はせずだったけど、メンバー達と一緒に感動させてもらいました 愛が溢れていて、もっと居たであろうマスターさん達も少なくなり貴重な存在、クロスファンを引っ張っていってくれる存在なので、入隊しても変わらずいてほしいと切に願います

初日の良席からメンバーの表情が良く見えましたが、シン様相変わらず泣き虫健在で、MIRACLEで必死に涙を堪えながら歌っていたのが印象的、そして最終日に告白した顔面麻痺。寺田さんの脱退が少なからず色んな心の負担になったのではと真っ先に浮かびましたが、その原因はシン様のみぞ知る・・・ですがね!セヨン王子は、自由な語彙力で足の薬指?が釣って「自動で上がる」には爆笑でした。サンちゃんは今回沢山心の内を話してくれたけど、でももっともっとサンちゃんに話す機会を増やしてほしいなぁ~って。ファンからの思い出を読んだ時、ナイスアドリブで笑わせてくれたし、もったいないです!!ヨン様は日本でのソロ活がとっても多いから、日本語力の伸びを知らないファンに知らしめたのではと思います。努力が半端ないヨン様、寺田さん無き後、私はヨン様押しになりました

久しぶりのクロスくん達のこと書きましたが、全然書いていないけど、各メンバーの日本でのソロ活動の公演は2つ以外は全て行っているし、7月に韓国で行われたXHEARTSのライブも行き、クロスに関わることはほぼ漏れなく行っている、横道に反れずまだまだクロス愛は健在です

EEKCpBVW4AIP7LY.jpg

EEKCpBVWwAAoekG.jpg

EEKCpBTXkAA_p24.jpg

EEKCpBWXsAAtj7W.jpg

EEKBg6oXsAEOERn.jpg

EEKBg6sXkAE3rRn.jpg

EEKBg6qW4AEI0ms.jpg

EEKDk3OXsAAJKe4.jpg

EEKDk3NXUAY6cql.jpg

EEKDk3CXsAAvEyA.jpg

EEKDk29WkAIxt0b.jpg

posted by aomame at 19:30| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

SEYOUNGの生誕祭[Past&Present]




公式のブログがUPされるのを待っていたら、仕事でバタバタ、帰って華ドラ史劇を消化しなきゃで、平成からもう令和になっちゃいました。。。

王子生誕祭、本当はどちらかしか行く予定ではなかったのですが、DMCを見たらやはり両方行きたい!!となり、一般で取って行ってきました。

詳細は・・・ってほど待った割りにそんな詳しくかかれてないブログレポ・・・(^^;)
📖[Past&Present]レポート

セットリストだけコピらせて頂きます^^

M1. Touch it
M2. オリョドナムジャヤ
M3. Mr.secret
M4. Billion Dolla
M5. Future
M6. sHi-tai!
M7. LEMON
M8~M11. ジャズメドレー
M12. Winter Rain
M13.ウォネ
M14. Battle of destiny(Devil may cry)
M15.そばにいて
M16.手紙
M17.LOVE&PEACE

クロスの曲いっぱいで良かったんだけど・・・、王子、生バンドとファンがいて、単独ステージの空間がとても嬉しかったようで、ファンにマイク向けてみんなで歌うのもお好きなようで、1部ではファンにマイクを向けて歌わせるのが、ま〜〜〜〜〜多い!!!
王子の歌が聞きたくて来たのに、歌ってくれないしマイク向けられても寺田さん事件?で、クロスの曲ほとんど聞いてないから歌詞が出てこない自分にモヤモヤしてきてガッカリで終わりました。。。

2部でもそうなるのかな・・・と心配していましたが、そこはマネージャーさん
王子に注意をしたそうで(王子が告白www)1部よりは歌ってくれました!だけど、クロスの曲は自分の曲でもあるから、なんだかアレンジが入るし、Billion Dollaなんて、音程がブレブレに聞こえ「え〜とメインボーカルさんでしたっけ?」とツッコミを入れたくなるくらい、でも本人は楽しんで歌っていて、王子ワールド全開でしたwww

8〜11曲目に歌ってくれたジャズコーナーでは、メインボーカルさん?って疑問を一気に解消されるべく素敵な歌声で、5月中旬に久しぶりにグアムの行くので、その青い空・青い海が頭の中にパーッと広がって、また照明もブルーの照明になったりして、もうムーディー感が最高で聞惚れました

あとヨン様が歌ってくれたら〜と思っていた「LEMON」を王子が熱唱
歌い終わった後、鳥肌が立ちました。

ヨン様と違い、王子自身がとっても生誕祭を楽しんで満喫している姿を見る会!って感じで、数ヶ月遅れているのなら、無理に生誕祭とせず感謝祭とか別の名目でも良いのでは?と思いました。
王子も言っていましたが、色んなトークが出来るファンミをやってほしいな〜と。
ヨン様と王子の日本での活動の裏話・苦労話を沢山聞ける場が今後あったら嬉しいなと思います。

もしくは、CROSS HEARTS 日本でもやってほしいなぁ〜と期待しています!!!
posted by aomame at 17:37| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

YONGSEOKの生誕祭「Music Diary」2019.4.5



昨日はCROSSHEARTSのライブがあったのに、今更ヨン様生誕祭感想を^^

3か月遅れのヨン様の生誕祭、期末処理中で午後休取るのに結構勇気のいる週だったけど、全体的に「急いでやろう!」的な雰囲気と、出来るものは前倒しでやっていたせいか、14時に切り上げる事ができ、お昼も食べて余裕で行けました、徒歩圏内で会場に行けるありがたさ!感謝です(*^^*)

ミュージカル曲中心という事で、韓国のミュージカル曲、J-POP、そしてヨン様が出演したミュージカル曲と、歌・歌・歌とヨン様の歌声を満喫できる魅力いっぱいの生誕祭でした。

詳細は、公式LINEBLOGに書かれているので、そちらを!
📝 CROSS GENE 公式ブログ

ヨン様が「韓国ミュージカル曲はYouTubeで探せば判ります!」とかなんとか言っていたので探しました。


キスより気持ち良いミュージカル・シングルズより「煙草」


二都市物語より「I Can't Recall」


あなたの初恋探します(キムジョンウク チャッキ)より「ギジュンの初恋」


The Last Kiss〜皇太子ルドルフ〜より「The Measure Of A Man(僕を試す瞬間)」

3曲目の「あなたの初恋探します」はミュージカルを映画にした物で、うちのにいさんユちゃんが出ている映画なんですよね〜💛ヨン様がデビュー当初?1年後とかかな?、好きなミュージカルと言っていたので、Wで嬉しかったです(^O^)
この歌った4曲、それぞれタイプが違うから、ヨン様の歌声と声量の凄さに圧倒され、とっても感動的でした

1人で司会もして歌って〜と大変さをアピールしていたヨン様、日本語が思っていた以上に超超超上手くなっていたのにはびっくりしました❗❗日本での生活がそれなりにあったし、セリフが日本語。上達しないワケはないですよね(^-^; でもミュージカルに出ていた時終わりにあるアフタートークを見ている限り、そんなにしゃべらずしゃべっても短文だから、日本語の実力はあまり見えてこなかったので、いつの間に???と思うくらいの上達ぶり やはりできるマンネは、とっても成長していました。

で今年?から花粉症になってしまったそうで「空気が通らない!!」と鼻が詰まっていることを説明していましたwww
元々鼻炎があるそうで、こまめに耳鼻科に通ってケアをしていると言っていました。度々体調不良・・・なんてことがあったけど、鼻炎が理由だったのかな??なんて、思ってしまいました。

今月末から始まるマイバケ シーズン4、前作3では演出家さんがいない間の2・30分位を、ヨン様が演出したそうで、とっても嬉しそうに話してくれて、来年はそういう裏話をたぁ〜〜〜くさん話してほしいなと思いました。

今年はどんな活動がなるのか判らないけど、個人的には韓国でのミュージカルに出てほしいなと願ってます。やはり母国語で演じるヨン様の姿が見た〜〜〜い!!それを理由にして渡韓したい!!! CROSS HEARTS に本当は行きたかったけど、情報が遅いし、期末に絡む仕事をしているから厳しく・・・、ツイで上がっている動画を見ると行けなかったことに悲しくなるからあまり見てません。。。でも3人も🍭ちゃん達もとても楽しそうで良いライブだったのは伝わってきました。

来週は王子の生誕祭、こちらも楽しみにしています
posted by aomame at 20:05| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

UTOPIA DVD特典会



4人になってからお初の特典会に行ってきました。2部だけ。
緊張させる男、寺田さんが居なくなったことで、なんだか気楽に行ってきた感じですwww

6人から5人の時は、減った感があまり感じれなかったけど、5人から4人は、減った感が否めないですね。。。
そして1個しか購入してないから、写メはもちろん1回きりなのに、自分がとても残念な写りとなりガッカリで終わりました(>_<)緊張感の無さがいけなかったのかな〜www

一方的に知っている方々が変わらず居たり、寺田さんオンリーペンの方達はやはり来ていなかったり・・・、寂しさも感じた特典会でした。

最近やっとクロスの曲だけで聞けるようになり、まだ抜けてしまった穴の傷口が薄っすら塞がった心境なので、買ったDVDを見るには、まだまだ時間が掛かりそうです。。。
だからまだハマりまくっている「永遠の桃花」を見て気を紛らわせている気がします。
そして同じクロスペンのお友達も「永遠の桃花」にハマり、毎日毎日「夜華が〜」とか「白浅は〜」と、現実ではないストーリーが、より一層気を紛らわせ楽しませテンションを上げさせてもらってます💖

年内にライブとアルバム発売と言っていました。
何で今年アルバムなの?何で昨年じゃないの??とメンバーの顔見れて嬉しかったけど、最後に顔が曇った私です。。。

posted by aomame at 22:16| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

日本デビュー6周年と色々と




ヨン様の星の王子様、初日と東京最終日の2日間行ってきました。
ずっと出ずっぱりのヨン様、だから眼が離せないのに・・・、私は睡魔との戦いでした(^-^;
初日は確かに前日2時まで起きていてしまい、ヤバ〜!!と思いましたが・・・、最終日もちょいちょい睡魔と格闘。今思うと、楽曲がとても心地良かったのだと思えました。
だってね〜演出・音楽は鍵盤王子と言われているお方ですからね〜!!!
本公演となって、また戻ってきてほしいです、きっとまた眠くなっちゃうけどね(^-^;




で、続いてはセヨン王子のDevil May Cryは、千秋楽に行ってきました。
黒執事以来の、こういう舞台だったので、新鮮で楽しかったけど、最後の方のストーリー展開は???なんて所が・・・。王子は日本語も結構滑らかだったし、感情の入った演技も良く判ったし、こんな大舞台に立ててすごぉ〜いと尊敬の眼でした。最後のアフターライブ、ライブに飢えていたから楽しくて、更にライブが恋しくなりました。。。

次はヨン様生誕祭、そして王子生誕祭と続くけど・・・、
私が見たいのはCROSSGENEのライブなんだよね。。。
3月13日で日本デビュー6周年になりました、おめでとうございます。
でもね・・・、日本デビュー5周年期間中なにか活動有りましたっけ???
ライブ1本、しょーもないDVD発売以上!じゃない???
期待して期待しすぎて裏切られた感大有り、な上に寺田さんの脱退は起こるべくして起こったと改めて思いますね。。。

昨日寺田さんのお友達和也くんのいるSOLIDEMOさんのリリイベが近場で有ったので、初めて他のグループのリリイベに行ってきました。
ツイもフォローしているので、日ごろどんな活動をしているのか目にしているから、なぁ〜〜〜にもないクロスと違い、会場が小さかろうが大きかろうが関係なくライブが沢山あるし、CDの発売時は精力的にリリイベしてるし、常に働いている感があって、ファンの皆さんが羨ましいな〜って思っていました。

始まる15分前に到着したら、もう歌が聞こえてくるので慌てて行ったらリハーサル中!クロスなんてリハはマネージャーさんの仕事だったからね〜。マイクチェックを念入りにしていて、本番で5曲?歌ってくれました。リハ中の姿も惜しまずファンに見せ、それを見守っているファン。とってもメンバーとファンの絆?そんなものが見えてきて「羨ましいなぁ〜」と更に思えました。
正直クロスの活動がほぼないので、新しい音楽を模索中な事もあり行って見ましたが・・・ごめんなさい刺さりませんでした(^-^;

クロスくん達の活動をじみぃ〜〜〜に待ってはいるものの、事務所にはもう全く期待は持てないし、シン様の兵役もそろそろザワザワな時期なのかもしれないし!と考えていくと、解散も視野に私は正直いれています。だって今更?と鼻で笑いたくなる頑張り出している事務所に何ができるのやらです。解散ライブがもしあるなら、寺田さんも可能ならキャスパーも5人集まって幕を閉じてほしいのが、デビューからずっと見守ってきた古参ペンの願いです。

公式にNEWS上げたなら、ツイートしてよ〜(-_-メ)と、やはりボヤきで終わるクロストークでした。
posted by aomame at 21:09| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

ヨン様、早く良くなって!!!!!



只今公演中のヨン様出演の「マイバケットリスト」
体調不良で、公演直前で出演休止になったようで、楽しみにしていた方達には、ちょっとショックなお知らせになってしまいましたね。。。

私は昨日、公演を見に行きました。
声は出ていたようですが、最後のアフタートークは、なんだか大人しい・・・、今の状況からすると元気がなかったかも?と思えました。
過去にもカムバしたのに体調不良で1週間前後だったかな?出れなかったり、日本活動中にも体調不良があったり、ヨン様は意外にデリケートなお身体なんですよね(^-^;
公式からのギリギリのお知らせも、ヨン様は出よう!とゴネていたのかもしれませんし、今日見れなかったペンの皆さんは、その気持ちを汲み取ってあげてほしいなと思います。

努力弛まぬハイパーマンネ、今日中に治して明日は必ず復帰してね〜\(^o^)/
posted by aomame at 21:38| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

『狂炎ソナタ』一般発売中



生誕祭の時に見せてくれた『狂炎ソナタ』お稽古の1日、行けなかった方々に見せてくれればいいのになぁ〜と思っていたので公開してくれて、嬉しいですね

一般発売も始まり、大阪初日まで残すところわずかな日数となりました。
チケット、どんな売れ行き状況か調べたら、東京は完売までは残念ながらいっていないけど
大阪は・・・、ちょっと空き状況が多そうかな・・・。

まあ寺田さんが今年頭に出たホストちゃんで、既に関西圏から西のファンが思いの外少ない事実を思い知らされましたが、クロスで一番のペン数を誇るシン様ですら、やはりですか・・・と言わざるをえない状況のようですね。
シンペンの皆さんを、他のメンバーの個人活動での公演で、見かけることが少ない気がするので、シン様の晴れ舞台ですから、お友達に沢山声をかけて席を埋めないとですよ〜〜〜〜〜

だからか、インスタでカウントダウン始めて集客に必死になっている様が、地方で全くライブもやらず今に至ったツケだと思われ・・・。クロスのスタッフさんて、見栄っ張りと言うか今の地位を落とせないというか、国際フォーラムでライブができた子達に、地方は狭いライブハウスでライブをやらせられない!!とそんな風に思えるんですよね・・・。そんな変な見得がなければ、大阪でライブができるはずだと思うんですよね。あくまでも私の考えですけどね。

最近ジュンちゃんの除隊を見て思ったのが、これからシン様・サンちゃん・ヨン様と入隊がいずれ来ます。例えばです、仮に入隊期間を2年とし、シン様が’19年に入隊、’20年にサンちゃん入隊、’21年にヨン様入隊となった場合、4年間5人が揃うグループ活動が出来なくなると思うと、YING YANGから2年も日本で何も発売してない、ライブもたった年1回しかやらず、韓国CDの特典会で荒稼ぎ?って、歌手としての仕事・スケジュール諸々の組み方はどうなの??他グループは個人活動していても、合間にシッカリとグループ活動でCD出してライブもやってと積極的に稼いでいるのに、私が応援しているグループはなんなん?????遊ばせているつもりは当然ないと思うけど、活動がない期間、事情の分からないペンとしては遊んでいるようにしかとらえられないのが正直な気持ちです。。。

そう言えば、確かCandY3期加入促進の告知動画ツイと、ヨン様のVLIVEだったかでも、年末にライブをやると言っていましたが、この正式告知はいつになったらしてくれるんでしょうか???シフト勤務の方々はもうそろそろ来月の予定を決めなければいけない時期かもしれないし、エアやホテルだって、埋まってきて行けなくなるんですけど( ̄ー ̄メ) 一刻も早く告知をお願いします。
posted by aomame at 22:54| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

27th HAPPYWONHODAY

DqKUNfdUcAAxQgt.jpg

シン様、27歳のお誕生日おめでとうございます

今日はラジオの放送もあるし(でも収録だけど^^;)お誕生日と重なり週末には生誕祭、そしてもう1か月を切った初ミュージカルと、忙しい充実な日々の中で迎えた誕生日は、今までと違った日になったのでは?と思えます。
その辺のことも生誕祭で聞けるかな?歌も勿論いいけど、頑張っているミュージカルの裏話や、やってみて気づいたことなどの話を沢山聞いてみたいな〜と思うけど、来てくれた皆さんに色々と披露したい!って感じだもんね、期待して27日は伺いま〜す

posted by aomame at 23:24| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする