2018年06月24日

CandY3期加入方法

crossgene_(japan)1.jpg

募集が始まって、何やらまたまたすんなりと登録できない事態になっているようだし、体感的に年々会員数が少なくなっているのでは?と思うので、挫折せずに是非日本のファンの皆さんに加入をしてほしく、雑な作りですけど、手順を作ってみました。

始める前に、英語の住所の書き方を調べて、書いておきましょう(パソコンの中のメモやワードなどに)
そして、決済の為のカードも手元に準備しましょう!!
理由は、時間制限を設けているようで、その時間が過ぎると決済画面に行けなくなるからです。
メモった住所をコピペすると、時間の短縮になります。
私もスクショしながらやっていたら時間切れになり、3度目で決済完了になりました(^-^;

あとツイッターを見ているとMacとスマホからの登録は出来ないようです。
会社やお友達、ネットカフェ等から登録しなくてはならないようです。
また決済画面になると、専用ソフトのダウンロードが確か勝手に行われます。
危ないものではないので、ダウンロードされたらインストールしてください。

3期申し込みはこちら

では、最初にチケットリンクの会員登録を行います。とても簡単です。
チケットリンク1.jpg
メルアド・PW、チェックを入れて登録!で完了。

チケットリンク2.jpg

チケットリンク3.jpg

チケットリンク4.jpg

↓「入っていない」と書いたけど、英語で書くのがエラーにならずに済むかも。。。
チケットリンク5.jpg
途中取り忘れちゃいました(^-^; 
5:〇丁目〇番地〇号、地名
6:マンション・アパート名がない人は空欄でok。ある人は入れる。
7:市区町村

チケットリンク6.jpg
ココまでの登録が時間内に出来ていると、「次」をクリックすると決済画面になるのですが、オーバーしていると別ウインドが立ち上がってもグレーの何も表示されない画面になります。その時は前の画面の「前へ」をクリックして最初から。


チケットリンク7.jpg

チケットリンク8.jpg

チケットリンク9.jpg

チケットリンク10.jpg

チケットリンク11.jpg

と、こんな感じになります。
登録が済んだら確認の為、上段のマイページから登録内容を確認してみてください。
CandY3期、みんなでクロスくん達を応援していきましょう(^_^)


posted by aomame at 22:42| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ZERO」特典会とファンミ

過ぎてしまえば、あっという間に1週間!
楽しくて面白かった日本での「ZERO」イベント。

ファンミの前に2日間行われた特典会、サインに写メにグルショと一通り参加しました。
その中のグルショが、個人的に貴重となりました(^_^)
Enlight126.jpg

終わって画像を見たら、寺田さんのポーズに見覚えが・・・???
なんだっけこのポーズと思いつつ、待っているお友達の所に戻ると「甘王ポーズしてるじゃん!」と。
『あ〜〜〜〜〜〜〜〜ホントだ、甘王ポーズだ〜(≧▽≦)』
1529496647455.jpeg

因みに甘王ポーズとは、私のホストちゃんに出演していたキャストさんのキャラポーズ(でも本人のポーズなのかな?)
お友達に「これはこの後のサイン会で確認でしょ!!」と指令を受け、サイン会へ。

サインをしている時に
私:グルショの時に甘王ポーズしたでしょ?
寺:誰が?俺が?!?!?!?!?!?!?!?(やった事にビックリして、のけ反る寺田さん)

あなた以外メンバーで誰が甘王ポーズ知っているんだよ( ̄ー ̄)と内心思うwww

私:見たことあるポーズだな〜と思っていたら、友達が甘王ポーズだと言われて気が付いたの!
寺:え〜自然に〜・・・(照れ笑いしながら、カワイイぞぉ〜〜〜💘)

ホストちゃんで思い出を残して頂いたので、この場で、しかも自然に関連ポーズをしてしまったという事に嬉しすぎる
でちょっと舞い上がった私はこの後、30秒しかない時間に言葉が暴走し、話途中で退場になりました。。。
今回は冷静に欲張らずに…と思って望んでも話したい気持ちが暴走するので、次回はもっと大人になります(^-^;

そしてファンミin品川ステラボール
IMG_3259.JPG

IMG_3257.JPG

いつもレポしてくださるKorepoさんのレポを待っていましたが、今回は来てくれなかったのかな・・・(+_+)
寂しく思いますが、もしかしたら事務所からの公式写真がまだ来なくて、UP出来ずにいるのでは?と・・・。
そうであるならば、事務所さん、早く仕事してくれ( ̄ー ̄メ)

ファンミ、マーベルさんが主催だったからなのか、シンプルな内容なのに、ちょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜面白かったです
できるマンネ ヨン様に笑いの神が降臨
ワザとであっても、その笑いに変えられるセンスの良さ!!スーパーマンネは、さらに上のハイパーマンネに変身し、
笑いながら大泣きしてしまいました
この1週間、仕事中に妖怪ウォッチの曲が何度も頭をよぎり、ヨン様の美しく背中をしならせたカマキリポーズがチラつき
何度ニヤけていたことかwwwwww 事務所さん、CandY公式内ブログに早くUPしてくれ!!

今回、ステージ前で写真を撮っているスタッフさんが2人もいて、1週間経っても上がったのはツイの1枚のみ・・・。
(しかも2部のみ・・・スマホで撮っていたスタッフさんは1部で撮っていなかったからだろうけど…−−;)
目的が違い2人で撮影していたのかもしれませんが、どちらかの方で公式のフォトやブログにUPしても良くないですか??
youtubeやインスタと色々とUPしてくれるのは、ありがたい事ですが、スタッフさんの機動力や行けなかったファンが
待っている事など対する気配り?、そういう部分のベースは、今までと差ほど変わっていないことが残念ですね。。。
人手が足りないなら、いくらでも無償で手伝うのにwww

posted by aomame at 16:41| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

祝6周年おめでとう

DfX5CFYV4AAYid6.jpg

IMG_2798.jpg

韓国デビュー6周年、おめでとうございます
毎年変わらず”おめでとう”が言える事に感謝です

UPした写真、先日の渡韓時に見に行ってきました。
メンバー達がその前で認証ショット、企画を立てた又は参加した皆さんには、こんな嬉しいサプライズはないですよね〜

今年は日本デビュー5周年、個人的にとぉ〜〜〜って期待度を上げて、何かがあるのを待っています。
今週末行われるファンミも、その1つなのかもしれないけど、なんだかイマイチ盛り上がってない私・・・(^-^;
やってくれるのは嬉しいけど、間近に迫りワクワクしてこないのは、やはりニューシングル発売!とか
またまたライブ決定!!の方を待ち望んでいるんだな〜と自己分析。
兵役の法律が改正されたそうで、日本に来れるの??と今年の後半が既に心配です。。。
勝手に余計な心配と期待をしているけど、私に楽しみを与えてくれる重要な存在なのでね〜。

ファンミの前に行われる「ZERO」の特典会。
押しのことしか考えてないペンさん達には、抽選で誰か方式・・・に不満な人がいるようだけど
私はこの方法がイイと思っています。
だってね・・・お正月ライブ後の手渡し会や、昨年のブラホワの特典会など、
自分のペンがどれだけいるか、他のメンバーのペンがどれだけいるのかが判るじゃないですか!
キャスパーが抜ける決断の1つにもなったのでは?と思えて。。。
だから、この方式だと、平均して各メンバーに列ができるから、気分を損ねることなく出来ていいのかな〜て。
仕事とは言え、楽しく気分よく終えてほしいもん!!!

ってことで、特典会は楽しみです
明日はヨン様がAbemaスタジオに登場!と相変わらずの急なお知らせ( ̄▽ ̄)
早めに休憩入って覗きにでも行こうかな〜♬
posted by aomame at 23:22| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

初サイン会参加とゲリラライブ

Enlight114.JPG

うひゃ〜あっという間に2週間が経過・・・。
久しぶりにゆっくり韓国旅行をしてストレス解消!!と思い立ち、行く2週間前に計画。
帰ってきてから、締め切りのある仕事を急に言われ、バタバタでこなして5月の締め処理もして、やっと落ち着きました。

いつも目的の為に短期間での渡韓が多かったので、旅行(ショッピング)メイン&クロスくん達のサイン会にも行ってみたいし、その場所でミニライブとかやらないかな〜なんてお友達と話していたら、まさかのゲリラライブ開催旅行もクロスくん達も半々の充実の楽しい旅になりました。

で、ゲリラライブの日、昨年XHEARTSで知り合った、わか〜い韓国ペンちゃんと会う予定だったので、急遽待合わせをホンデに変更。街中をウロウロしながらクロスくん達を発見し、一般通行人に交じりながら、クロスくん達の後を追っかけてテンションアップ VLIVEを見ながら見つけたわけじゃないので、ラッキーでした


ゲリラライブ前のVLIVE

16時からゲリラライブ〜と書かれていたけど、実際始まったのは16時20分位から始まりました。
1列目に並べたけど、恥ずかしいので2列目に並んでしまったけど、1列目に並べばよかったと後悔。。。(>_<;)
で撮った動画がこちら。

帰ってきてPCに落としてから、よぉ〜く見たらメチャクチャ近っ(≧◇≦)画面しか見てなかったから判らんかった!!
しかも寺田さん目線サンキューです( ̄▽ ̄)/
王子以外は、みんなチラ見でもカメラ見てくれて(勘違いもあるだろうけど)ありがたや〜です

そしてサイン会
韓国チングに協力してもらい(店舗購入かと思ったらネット通販>o<;)見事当選
でも1回目見た時に自分の名前を見つけられず(それもど〜なん)悔しくてもう1度見直したら当たってたと言う、おまぬけぶり 初参加なので勝手がイマイチ判らず、1人だから結構ドキドキでした。

書いてもらう名前は英語か韓国語でと言うので、英語で表記
サンちゃん、ヨン様、シン様 → 名前を呼び捨てされドキドキした(確認の為だろうけど)
寺田さん、王子 → 無言

サンちゃん、シン様、寺田さん、王子 → 英語でそのまま書く
ヨン様 → ひらがなで書いてくれた。もぉ〜できるマンネ、嬉しすぎる(≧◇≦)

会話は
サンちゃん → 生誕祭はまだ決まってない
ヨン様 → 次の舞台は2行しかセリフがない(冗談)
シン様 → 首は本番で負傷
寺田さん → (ジャケットをこの日初めて見たというと)もう3週間も経っているのにヤバいじゃん
王子 → (ゲリラライブ良かったというと)みんなからそう言われてとても嬉しい(ニコニコ)

ヨン様の時、韓国の俳優のペン達は、自分の俳優のことを「○○俳優様」と書いたりします。
例えはユちゃんの場合なら「コン俳優様」と言われているので、ヨン様も舞台があるからなんて呼ばれたい?書かれたい?と質問したら「クロスジーンのミュージカル俳優キムヨンソクで」と言っていました!長いよ〜〜〜www
ヨン様ペンの皆さん、是非お手紙の最初に書いてあげてください

日本での特典会のイメージを思い浮かべていたので、思いのほかメンバー達と気持ち長め?にお話が出来て
サンちゃんと王子からは逆に質問もされて、ちょっと焦ったけど、貴重なサイン会体験でした。

王子のサービス精神の良さに、王子を撮っていることが多かったです。

サイン会の最初の挨拶


終わりの挨拶
posted by aomame at 22:53| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

「ZERO」記者懇談会



8日2時から行われた記者懇談会のほぼフルバージョン。

記事を時間のある時にちゃんと訳したいけど、一先ず翻訳をコピペ(^-^;

シンウォノ - 拓哉まず浮かんだのクロスジーン「タルランマルラン」で大衆の感性と会おう

「一人でみたら確かにメンバーたちの空席をさらに多く感じることができました。(拓哉)」

グループクロスジーンは、昨年のチームとしての活動ではなく、個人的な活動を通じて、より多くの大衆に会った。アルバムには、ミニアルバム「ミラー(Mirror)」の活動だけであっただけだが、日本人のメンバー拓哉がJTBC芸能<異常会談>をはじめ、JTBC2の<ヤンセチャンのテン>シーズン2など、多くの芸能番組に出演した。また、他のメンバーシンウォノは演技者としてSBSドラマ「青い海の伝説」をはじめ、MBC「20世紀少年少女」などに出演し名前を知らせた。

2012年にデビューして6年の間に活動しているが、まだ大衆に名前を知らせるプロセスは、足踏み状態にとどまっている状況を打開するための努力である。このように、もう少し個人的には、大衆に一歩近づいたクロスジーンは、現在チームとして名前をより刻印させる作業に乗り出した。その信号弾で5枚目のミニアルバム「ゼロ(ZERO)」が使われた。

8日午後、ソウル清潭洞イルジアートホールで開かれた彼らのショーケースでクロスジーンはタイトル曲「タルランマルラン」をはじめ、収録曲「飛翔」の関連映像と舞台を披露した。これらの歌は「タルランマルラン」の場合、既存のイメージにセクシーさを加えたし、「飛翔」は清涼感を加えた。全体的には、ますます暑くなる季節や合わせ、昨年の夏大きな人気を呼んだジャンルである「トロピカルハウス」ジャンルの曲が目立つ。

アルバムのタイトル<ゼロ>のシンウォノは「今までしてきたものをすべて、最初に戻すという意味ではなく、心を初心を見つけ更新して、新たに生まれた気持ちで熱心にしようという意味を込めている」とし「アルバムの構成も破壊され、再生されて新しい世界を探しに出るなりの叙事を込めた」と説明した。

最初のトラック「ディストピア(Dystopia)」が破壊さを象徴して、3回目のトラック「飛翔」が再生を象徴する。そして恋人との関係で届くロックマーラックするきわどい状況を想定した「タルランマルラン」が新しい世界に向けてクロスジーンの心を込めている。

メンバーたちはぐんぐん増えた個人活動がチームの活動に及ぼす影響について話した。拓哉は「個人的な活動をしながらメンバーたちの空席をたくさん感じたようだ。チームにいれば、私の足りない部分をメンバーが満たしてくれるが、その部分をよく知らなかったようだ」と悟りを発表した。主に演技者として活動したシンウォノは「メンバーたちは誰よりもお互いに客観的な評価をしてくれる。不足している点も話してくれても演技では相手役もしてくれる」と語った。

クロスジーンは、これまでの活動期間に比べて比較的大衆に接点が少なかった点を補うために、社会関係網サービス(SNS)活動や自主制作のミュージックビデオなどのコンテンツの面で努力を開始した。また、個人の活動もより広げる計画だ。個人の人気がチームの人気原動力になることができるか、クロスジーンの新しいアルバム<ゼロ>は8日午後6時から、様々な音源サイトで聞くことができる。


スポーツ京郷

Kstyleさんからフォト

今回はSNS活動に努力と言ったらしい?からか、ツイにインスタにUP率が高いですよね。
過去が少なかったから、今これくらいやるのが普通だと感じるのは私だけでしょうか・・・?
もう少しやる気があるなら、インスタをツイッターと連携させてほしいですけど!!

もっともっとSNS使って、広報に励んでください。


posted by aomame at 00:48| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

ZERO リリース

5a338dde8074fe9731904c81ad3eecee.jpg

1805shin.jpg

1805takuya.jpg

1805angmin.jpg

1805yongseok.jpg

1805seyoung.jpg

ZEROリリースおめでとう
韓国公式HPに行ったら、当然のことながらトップ画像とプロフィールも変更!!カッコいいです

もう今週は仕事が忙しい週な上に「これやって〜」と上司からやり方も教えてもらえず投げられたモノに四苦八苦!!
その上男のくせに超100倍おしゃべりな上司だから、平気で雑談をしてくるから聞いてあげなきゃならず仕事中断(>_<;)
もう目が痙攣してストレスがかなり振り切り気味な日々に、音源は勿論のこと、VLIVEやTV出演の動画など見て持ちこたえられました

今回のミニアルバム「ZERO」、タイトル曲が2曲と珍しいですよね?日本ではあるけど、韓国でもあるんですね〜
달랑말랑は、正直なところ「これぞKPOP!!」と、ちらほら耳にするKPOPと同じだな〜と思ったのが第一印象。
だから今更?と思いつつも「ZERO」に込められた意味を思うとアリだし、逆に新鮮にも聞こえました。



同じくタイトル曲비상(飛翔)、달랑말랑がちょっと重めな雰囲気なので、私はこっちの方が好きです
そしてサビの振付が簡単なので、100%ライブで踊っちゃいますwww


そしてBelieve Me、これはガールズグループの曲みたい!!と思いましたwww
だからかわゆく感じるし「ZERO」の中で1番好きかも
この曲はメンバーがMVを作ったようなことを言っていたので、公開されるのが楽しみです。

最後ライブでも公開されたDystopia、シンプルでカッコいい
新たなバラードの名曲が加わって、日本語バージョンもお願いしたいです。


今回は、サンちゃんがDystopiaでボーカルを取ったり、タイトル曲2曲ともにセンターでキレッキレのダンスで盛り上げていたり、サンちゃんのカッコよさ満開です。

来週は仕事も落ち着くので、日本からできる事を頑張ってやって、みんなを応援したいと思います。
そして、ストレスで病みそうなので、再来週渡韓することにしました(^O^)
でも何か理由をつけて韓国に行きたいだけでもあるんだけど、行くからにはCD買って、運が良ければサイン会に参加できればと思いています。

posted by aomame at 22:57| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

UTOPIAまで1週間

r (1).580x0.jpg

CROSS GENEが1年ぶりに単独ライブを開催「僕らのライブに初めて来ても、自然に体が動かせる曲がたくさんあります」

――5人では初めてのライブですね。

TAKUYA(以下、タクヤ):最近、ソロ活動のためにメンバーが離れていたので、ライブに向けて練習に本腰を入れ始めてからダンスのフォーメーションやパートを5人バージョンに変えました。僕らで話し合って決めたのですが、最低一人は新しい振り付けを覚えなきゃいけない状況の中でも、不満を言わずに、誰にも押し付けることもなく、最高のパフォーマンスを作るために頑張っていることで、メンバーの絆が一層深まっているような気がします。

SHIN(以下、シン):6人でのライブを最後にした国際フォーラムホールCでまたやることになりました。同じ会場にしたのは、5人での再スタートという意味もあるんです。

――CROSS GENEのライブに初めて行く人に「僕らのライブに来たらこんなに楽しいよ」という魅力ポイントをアピールお願いします。

YONGSEOK(以下、ヨンソク):初めて来ても、自然に体を動かせる曲がたくさんあって、演出も含めて目と耳で楽しめるステージになっています。そして、ファンの皆さんとアイコンタクトを取りながら一緒に楽しめる雰囲気です! ライブの主人公はあなたです!

――1年ぶりの単独ライブで、個人的にやりたい曲は?

ヨンソク:「Solar」とか「AURORA」とか、デビュー当時の頃の曲をやりたいです。とくに「AURORA」はみんなで歌えるし、心が温かくなる曲だと思います。

SEYOUNG(以下、セヨン):僕は全部やりたいです。

タクヤ:セットリストを考えるのに、これまでの曲を書き出してみたんだけど、40曲くらいあったよ。

セヨン:大丈夫です!! 全部やれます(笑)

SANGMIN(以下、サンミン):僕は「Shooting Star」やっぱり盛り上がるから。最後のサビで激しいダンスがあるので、そこが見どころです!

タクヤ:『Love & Peace』ですね。盛りあがる曲だし、僕はタオルを振るのが好きみたい(笑)。みんなで一つになれる曲です。

シン:「Love Game」は、ずっとやってなかったのでダンスを忘れてしまいかけていたのですが、最近、練習してみたら、改めてダンスが独特でかっこいいなって思ったので、ぜひやりたいです。


r.580x01.jpg

――ライブで盛り上がると感じる曲は?

タクヤ:「Dirty Pop」かな。アップテンポの曲だから踊っている僕たちもテンション上がるし、ダンスブレイクの時の5人のパフォーマンスも見どころです!

ヨンソク:「Keep on dancing」はサングラスをかけて登場するのですが、神秘的な感じがするし、宇宙から地球に降りてくるような演出がかっこいい曲です。そして、オープニングに使われるから緊張感があります。

セヨン:「sHi-tai!」です。4つ打ちのビートが疾走感があって楽しいし、僕が楽しんでいる姿を見れば皆さんも自然と身体が動くと思います!

サンミン:「Crazy」も、全体の流れのリズムが体に響く感じで、最初から最後までノリノリで聞ける曲ですね! ファンのみなさんと一緒に「Crazy!!」と叫ぶところがあるのも楽しいです。

シン「Keep on dancing」は、くり返す歌詞とサウンドを聞くとドキドキします。

――CROSS GENEはバラードも名曲が多いですよね。メインボーカルのおふたりが歌って気持ちいいバラードは?

セヨン:全部好きですけど、特に「手紙」です。ファンのみんなのために手紙を書いたという内容ですし、僕らの気持ちがそのままみなさんの心に入り込む感じが良いです。

ヨンソク:僕は「そばにいて」かな。バラードを歌うときは自分も気持ちいいし、ファンのみなさんの心を温めてあげるような感じがするので気持ちいいです。でも、まだライブでやる曲はなにも決まってないんです。


DaEqTs-U0AEEgnz.jpg

――シンさんは、最近出演したドラマ「青い海の伝説」「20世紀少年少女」をきっかけにファンになって、ライブに行ってみようかなと思う人も多いと思います。俳優シン・ウォンホの新規ファンに向けてCROSS GENEのシンとしての魅力をアピールするために、ライブではどんな姿を見せたいですか?

シン:みなさんはテレビで韓国語で話す姿しか見ていらっしゃらないと思いますが、ステージでは日本語で話すので、より親近感が持てると思いますし、歌ったり踊ったりしている姿も演技をしている僕とは違う新しい姿にうつるのではないかと思います。

――タクヤさんは舞台「私のホストちゃん」REBORN〜絶唱! 大阪ミナミ編〜に出演しましたが、韓国で活動する日本人アイドルに関心を持ったファンがいると思います。初めてアイドルタクヤを見に来る人にどんな姿を見せたいですか?

タクヤ:「私のホストちゃん」では、クールな姿をお見せすることが多かったのですが、ライブに遊びに来てくれたらクールなだけではなく、ダンスや歌をもっと楽しんでいる姿をお見せできると思うので、ぜひ遊びに来てください!

――メインボーカルのセヨンさんとヨンソクさんは、自分のボーカルの魅力はどこにあると思いますか?

セヨン:ブレスがセクシーで、中性的な魅力があります。柔らかいボイス、スウィートなボイスです。

ヨンソク:僕はセヨンさんとは逆にパワフルな声量と、男らしくて野性的な声が持ち味です。ずっと記憶に残るボイスだと思います。

――メインダンサーのサンミンさん、ダンスの着目点は?

サンミン:身軽な動きと繊細さ、無駄のないすっきりとしたダンスが特徴です。どんなジャンルでも消化できる自信があります。アクロバットも得意です!!


DaEqSPHVwAEaiE-.jpg

――毎回ソロステージやユニットステージがありますが、これからはどんなことをしてみたいですか? 個人的な希望を聞かせてください。

セヨン:僕がCROSS GENEの曲を作って、5人で歌って踊る姿をお見せしたいです。

サンミン:セヨンさんが曲を作ったら、僕が振り付けを担当したいです!

ヨンソク: 5人にそれぞれ役を決めて、ミュージカルみたいな演出をしてみたいです。

タクヤ:僕も昔はよくサンミンと振り付けをしていたんですよ。僕らが作ったダンスを、いつかみなさんにお見せしたいです。

シン:僕はソロステージで自作曲を歌いながら、他のメンバー4人にバックダンサーをしてもらいます(笑)

全員:え〜(笑)

――ライブの練習中にはどんなものを食べたり、飲んだりしますか? メンバーで食べるものを決めるときのルールは?

サンミン:最近メンバーの中で、スンデクッパが流行っているので、よく食べに行きます。

タクヤ:最近メンバー間で縄跳びが流行っているので、二重飛びの対決をして負けた人がおごったり、勝った人がメニューを決めたり……。そういうちょっとした遊びをしながら決めます。

――本当に仲が良くて、楽しそうですね。ライブの他に告知事項はありますか?

シン:僕らのバラエティ番組が日本で放送されることになりました。その番組で、メンバーみんなで旅行にいきましたが、久しぶりの旅行だったから大騒ぎで、すごくおもしろかったです。

――これから5人で再スタートですが、同様にこの春、スタートを切る学生や新社会人に向けてメッセージをお願いします。

シン:CROSS GENEの音楽を聞いたら元気になれますよ!

ヨンソク:ストレスがあったら、4月30日に国際フォーラムCに来てください。僕たちのライブでストレスを発散してください!!


DaEqXVsU0AICukx.jpg
kstyle

kstyleさん、ライブ前インタビュー、とってもありがたいです、ありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
プラネットでもライブに向けてのコメ映像が展開されていますが、インタビューから引き出されるコメントはまたちょっと違うから嬉しいです♬

DaEqYYxUQAE-yT8.jpg
ライブポスター、3枚も登場し貼り付けたのは2枚目に出されたものですが、ライブタイトル「UTOPIA(理想郷)」の下に「DYSTOPIA(暗黒郷)」とあり、 Black or White や YING YANG と明暗なタイトル曲があるから、そのイメージを引っ張ったんでしょうかね。
個人的には、新生5人のCROSSGENEなのだから、新たなコンセプトでリスタートを切ってほしいと思ったのが正直なところです。。。
5月にはカムバしそうな気配だし、新たな…ではなく、白黒したものになるのでは?なんて妄想してしまいますが、真逆な登場を期待したいです(*^^*)

もう3月の後半からストレスがMAXで、寺田さんの生誕祭が無かったからストレスの解消先がなく、溜りに溜って先週解放しに旅行に行ったら、雨でなぁ〜んにも出来ずに、ストレスをまた貯めて帰ってきたという現在ヤバい状態なので、もうライブで弾けまくるしか道がありません!!!
チョォ〜〜〜〜楽しみにしているのと、今回は決められたアンコールではなく、本当のアンコールもした〜〜〜い!!!!!
コレが密かな希望です。
ライブ後にハイタ会やります!がない事を願います。
posted by aomame at 17:58| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

ヘラ ソウルファッションウィーク2018F/W

IMG_1903.JPG

IMG_1900.JPG

IMG_1901.JPG


〜Takuyaa〜

シン様も一緒に来るかと思ったけど、今回は寺田さんだけのお呼ばれだったのかな?
フォトタイムのなんだか慣れてない感が・・・(;^ω^)
次は2019S/Sでも、呼んでもらえると良いね〜
posted by aomame at 23:22| Comment(0) | CROSSGENE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。